ツンデレラの戯れ言

 週末

昨日、「今日は早寝しよ」と思い家に帰ったところ。。。
父上がおきている!?
いつもは、私が帰る時間には寝ている父上が。。。
まっ、まさかっ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

私には父上がわざわざ起きてまっていた心当たりがありました。

それは、一昨日の夜(月曜)のこと。。。
遅く帰ってきた私に母上が言い出したのです。

「○○さんのお母様来るのに、席を設けないでいいのかしら?」

実は、そうなんです!!
皆様には、なかなか報告できないでいましたが。。。
なっ、なんと。

今度の週末、彼のお母様がお見えになるのです。(*ノノ)

で、父上は昨日の朝早くに私とよく相談するよう母上に言われたのでしょう。
今日私が帰るのをずっと黙って待ってたわけです。
何時に帰るかわからない私を。

なんだ電話してくれればよかったのに。。。

そう思いながら、「ただいま。」と父上に挨拶しました。
父上は言い出しにくいのか「風呂入ってくるんだろ?」と私に(笑)
心当たりのあった私は「話があるなら先に聞くけれど。」と話をふってあげました。
「今週末さ、○○さんのお母さんが来るんだろう?御飯どうしようかと思ってさ。」
「待って。」
おもむろに携帯を取り出し、私はある番号を呼び出します。
ワンコールの後、
「もしもし?」
電話の向こうからは聞き慣れた声が。
私は、「父上が話したいって。」
唐突にそれだけを言い、携帯電話を父上に渡しました。
そこからは男二人で話してもらい、話はまとまったようです。
電話が終わり私と父上で話し合ってると、母上が合流しました。
(それまでは様子をうかがってたのか、隣の部屋にこもってました。)

晩御飯を一緒にするということにしたと彼から聞いた私は。。。
あれ?いいのか?と疑問を持ちました。
なぜなら、28(金)に彼のお母様は大坂から東京まで出てきます。
彼の家で一泊した後、29(土)に私の両親と会うわけですが、晩御飯を一緒となると、当然その後に大阪まで帰ることは出来ません。
私は大きな疑問を持ち始めました。
「ちゃんと予定を聞いてから晩御飯にセッティングしたのだろうか?」
いいえ、そんなはずがありません。
多分、彼は自分が朝起きられる自信がなく、『昼食より夕食を一緒のほうがいいや。』という考えで話をまとめたことは明らかです。
両親と私で話し合い、再び私が彼に電話をかけることになりました。
トゥルルル~。
「あ、もしもし?お疲れ様~。」
私は声のトーンも変え、さも自分しかいないように彼に話しかけます。
「なんで、さっきは夜になったの~?」
「いや、色々あると思って。」
どうも返事が怪しいです。
あきらかに、曖昧な返事をします。
「色々って?」
「起きられないかもしれないじゃん。」
「起きられないって。こういう日くらい早起きしなさい。」
「えぇ~。」
・・・。
「お母さん、土曜のうちに帰らなくていいの?ちゃんと聞いた?」
「いや、聞いてない。」
「やっぱり、自分の都合でいったでしょ。今からすぐに電話かけてお母様に聞いてきなさいっ。」
案の定、自分の都合で言っていた模様。
すぐに確認をとるように指示しました。

結局、彼のお母様は29日(土)は、既に私の地元のホテルをとってるとこのことでした。
その結果、彼のお母様とのお食事は夜になったわけです。

しかし。。。話はこれだけれは収まりませんでした。
この後、私は父上の口からとんでもないことを聞く羽目になるのです。

これ以上の内容は長すぎますので、今回の分はこのへんで。
とんでもないことは、また次回かきます。
[PR]
# by id_holy | 2005-10-26 02:09 | 結婚・恋愛

 夢かうつつか。。。

今朝のこと。
朝、親に声をかけられて(←あまりにも前日遅いと起きられないので声をけけてもらうようにしてます)寝ぼけながら起きようとした瞬間、

ズキッ

いっ、た~い
でもねむいー。でも、起きないと。。。
と思っていると再び

ズキッ

胸が痛い。。。でも、ねむい。
起き上がれず倒れていると

ズキッ

さすがに三回も痛むともう起き上がる気力もなく
そのままつっぷしてしまい。。。

そのまま寝てしまったのか、意識を失ったのか、それとも元々夢だったのか。
次に気づいた時には、痛みはなかったです。

最近、毎日寝不足が続いての過労だったのか。
それとも寝不足ゆえの夢だったのか。

どちらにしろもうちょっと早く帰れるようになりたいものです。

More
[PR]
# by id_holy | 2005-10-25 23:59

 やばし!!

土曜の夜?は危なかったです。
危うく彼氏にこのブログを見られるところでした。
リアル日記を書いていることは報告済みですが、一応、内緒ですのでURLは教えていません。

前に一度、仕事中に必死に検索したらしいですが。(笑)
残念ながら「みーすけ」ではひっかからなかった模様。
うふ♪(* ̄ー ̄)v

まぁ、彼の家においてあるPCは彼の管理下におかれているので、実際は履歴探せばすぐですけれどね。
当然、お気に入りには入れてません。
今頃、私のPC立ち上げて履歴から探し出して見てたりしてなぁ(^▽^;)
[PR]
# by id_holy | 2005-10-24 22:41

 ごめんね。

一日中、ぐぅたらしてました。

そういえば、夜中に。。。
17歳の若い男の子からお電話もらっちゃいました。
ワンギリで三回も(爆笑)
お返しに一回ワンギリしてあげました(笑)
まぁ、構ってほしいのだろうなぁと察しはついたのですが
ちょっと寝る時間がなさすぎたので、今回は見送りました。
ごめんね。

あ、浮気じゃないデスヨ。
彼も私もその子とは単なるネット上の知り合いですから。
[PR]
# by id_holy | 2005-10-23 23:59

 冬はお鍋♪

彼氏とネットゲームのHP関係(wiki等)を一日中飽きずにいじってました。
本当はこの日記のフレームを変えたり作ってみたりしてみたかったのですが。

夜になりおなかが空き、御飯はキムチ鍋を作ってもらっちゃいました♪
おいしかったぁ(*⌒∇⌒*)
彼が、「食べきれないかなぁ?」と最初にいっていましたが、食べて見れば結果はすっからかん。
御馳走様でした。
やっぱり、寒いときはお鍋ですね~。
また近いうちに作ってもらおう(またしても、作らない予定)と思います。
[PR]
# by id_holy | 2005-10-22 23:59

 謎の電話

これは、昨日私が居ない間に我が家に起きた実録です。

母親がいつものように家にいると、父親宛にJC○の人から電話がかかってきたらしい。
内容は「カードを作成していただきありがとうございました」という感じの内容だったらしい。
母親は何の疑問ももたないまま電話を切り、父親が帰ってきたときにその旨を伝えた。

ところが。。。

父親はここ最近カードなど作成した記憶がない。

母親が父親がもっているJC○カードの更新の電話じゃないの?と言ったらしいが、カードの更新時期とは全然違う。
そもそも、カードの更新で電話がかかってくるなら上記のような内容の電話はかかってこないのではないだろうか?
さらに、母親は電話をかけてきた相手が名乗った名前を忘れてしまったのだ(ーー;ォーィ
父親に文句を言われ、ぶち切れた母親はJC○に電話したらしい。
事情を話し、『新規取り扱いはない。』ということが確認できたらしい。
(というか、本人しか確認とれないのではないだろうか?なんで身内だからって確認とれるんだろう?)

いったいこれは何だったのか?

母親はJC○に電話をかけて既に安心しきっているようですが、私はまだかなり不安です。
[PR]
# by id_holy | 2005-10-21 17:08

 私と出会ってなかったら?

彼が私と出会ってなかったら、彼はどんな人生を歩んでいたか?

本人がいつも言っている言語録より抜粋しました。

  ・40歳までに金持ちになっている予定だった。
  ・40歳で、20歳の嫁をもらう予定だった。
  ・人にお金を借りて今頃は車を復活させてる予定だった。

はっきり言って、無理ですから。(キッパリ)

上2つは冗談でしょうけれどね。
一番下は。。。否定できない(ーー;
本当にやっていそうだ。

私の予想は、「もっと借金が増えてまた破綻している。」です。

まぁ、本人が曰く、一番下もやらないとのこと。
理由は、私と会って多少はちゃんと先のことを考えるようになったから、だそうです。
本当かなぁ・・・?
と、疑問に思うこともしばしば。
でも、信じるからがんばって。
見守るから、借金体質改善しようね。

ついでに禁煙もね(爆)
[PR]
# by id_holy | 2005-10-20 23:59 | 結婚・恋愛

 昨日の続き

いまだに読んでくださってる皆様こんばんわ。

さて、今日は昨日の続きです。
ちょっと、惚気ですので読みたい人だけ続きをどうぞ。

本当に読む?
[PR]
# by id_holy | 2005-10-19 23:15 | 結婚・恋愛

 女性遍歴1

皆様は、パートナーの異性遍歴は気になりますか?

私は、過去の女性達は気になりません。
が、話はとても面白いので色々聞きます。
実はちょっと前に、彼が恋愛診断というのをしていたため、彼の女性遍歴はおぼろげに見えてました。

元々、彼は前の恋愛について話したがらないという性格ではなく、「こういうことがあったから今のオレはいる」と割とボジティブに考える人です。
だから、元々なにかの話のついでに色々と聞いてたのですが。。。土曜から各女性についてリポートしております。
昨日、リポートさせてもらったのは「りのちゃん」
昔からことあるごとに、彼が私に似ているといってた女の子です。

「昔、オレもKちゃんみたいな子と付き合った頃あるんだよ。」
「あのときの俺だったら、すぐにKちゃんとはダメになってたよ。俺も、あれで色々学んだし。」等々。。。


さて、りのちゃんについて聞くことになった会話の発端は。。。

「ぱぱぁ。一番お金あったときの彼女は誰だったの~?」


「ん~。。。一番金あったときかぁ。りのかなぁ?」

という話からでした。

さて、その「りのちゃん」ですが、彼によると、彼が彼女と知り合ったのはどうやら彼が事故に遭い、会社を頚になった後の話のようです。
お互いになんとなくいいなぁからつきあい始め、一緒に暮らすようになり、そのうちに彼のほうが「好き好き状態」に。
で、彼女が他に好きな人が出来たと言いだし別れたようです。

事故に遭い、保険金がかなり入り金銭感覚がおかしくなってた。
で、そのころに「りのちゃん」と出会い、「あれ欲しい」って言われると、買ってあげてたようです。

「俺さぁ。元々手元に金あると使っちゃうほうじゃん。で、あれ欲しいとか言われるといいよって買ってあげて。」
「だから、りのと別れたときには借金できてた。」

(ーーメ)
その頃から借金があるとは。

「で、返すために不動産屋入ったのだけれどさぁ。」


「さらに、借金を増やしたと」


「うん。入るとき言われたんだよなぁ。『オマエなんで入ったの?』って。だから『借金返すため』ですよ。って言ったらさぁ。『馬鹿だね、オマエ。不動産屋なんて入ったらさらに借金増えるよ』って言われたんだけれど、そんな馬鹿なって思ってたら。。。案の定言われたとおりになりました。」


「なるほど。」


そもそも事故でお金が入り、生活レベルをあげてしまったまま「りのちゃん」と生活し、
結局別れた後、借金を返すため不動産屋に勤めはじめたが、不動産屋で更に金銭感覚が狂い破局を迎えたようです。
(ーーメ)

「なんかさぁ、色々聞いてるとどうもいい思い出あんまりなさそうだけれど、なんかいいことなかったの?」
「御飯作ってもらったとかさぁ」


「ない。毎日俺ら外食だったもん。」

ヾ(ーー )ォィ

「じゃ、洗濯とか掃除とか誰がしたの?」


「全部溜めてた」

; ̄ロ ̄)!!

「でもさ、その溜めててたの片付けないとだめじゃん。誰が?」


「俺がたまにまわしてた」

(´~`;
りのちゃんは、何にもしてくれなかったのでしょうか?

「本当に何もなかったの?」


「カラオケくらいかなぁ。」

(; ̄□ ̄A

なにやら、りのちゃんとの思い出はかなり苦い思い出一色に染まりきりってるようでした。

そういえば、話の合間に私のことが。
あ、でも昼休みが終わってしまったので続きはまた後で。
[PR]
# by id_holy | 2005-10-18 13:48 | 結婚・恋愛

 長い週末

長い週末が終わりました。

とにかくバタバタした週末でした。
予想範囲内だったけれど。。。

これでまた一歩前進なのかな
[PR]
# by id_holy | 2005-10-17 02:12



[パパ]と結婚しました。今は幸せに猫のように暮らしています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31