ツンデレラの戯れ言

カテゴリ:貯金( 1 )

 私の貯金体質

私の家は、小さい頃からお金がなかった。
思春期には、母親と父親が家計のことで揉めていた気がする。

気づいたときには、短大の費用は母親持ちだと母親に聞かされ、迷惑かけているなぁと思って、学費以外の諸経費をバイトでまかなうようにしていた。
もっとも、通える学校を選んでいたので交通費と諸経費、後は自分のわずかなこずかいだけでよかった。
バイト代が少なく、苦しくなることもあったが短大入学の際に渡された貯金通帳から下ろすことは避けていた。
私の中では定期の解約なんて問題外だった。
そんな状況だったから、会社に入り、車の保険料、車検その他諸々を私が負担するといわれ、年間いくら車の費用だけでかかるか計算した記憶がある。
ちょうど、この頃携帯も流通。
毎月、幾ら貯金して、いくら手元に残せばやっていけるか100円単位で考えていた。
本当に真剣だった。
貯金は下ろせない。手元に残ったお金でやりくりしないといけない。
どうやって貯めるか、そのために節約の本を立ち読みしまくった。
そのおかげか、ライフプランというものを考えるようになり、何年で何のために幾らためる。
という目標を考えながら貯めてきた。
入社して2~3年で100万くらいの車を買う。
入社して3年たったときには、次は結婚資金を3年で300万貯める。
これだけでも最低400万は貯めなきゃいけない。
25歳までにこれだけのお金をためなきゃいけないのか、と痛感していた。
それ以外にも、もしもに備えて給料三ヶ月分の貯金が必要だし、その後は家を買うお金と老後のお金が必要になる。

必死だった。
父親が散々パチンコにお金を費やしてたのを見ていたので、ギャンブルにも手をだすこともなかった。
実際、3年が経過しても車を買うこともなく、5年を経過しても結婚することもなかったが(笑)
夢はいつのまにか、大きな庭がある家に住むことに変わったけれど。
でも、貯金だけは着実に溜まった。

最近は昔ほど一生懸命じゃない気がする。
少し見直す必要性がある。
そう感じているのに、ちっとも見直してない。

とりあえず、時間外手数料とられないように新生銀行にでも口座作ることから始めようっと。
[PR]
by id_holy | 2005-10-07 23:59 | 貯金



[パパ]と結婚しました。今は幸せに猫のように暮らしています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30