ツンデレラの戯れ言

 引っ越し日に出張、その裏で

旦那様に引っ越しを任せて、私は古川出張に行ってきました。(ぇ
降ってはいませんでしたが、昨夜の雪が積もっていました。
私は、古川でみた雪がこの冬初めての雪です。
ちょっと触ってパウダースノーで喜んだりしてました。

ついでに愚痴も一つ。
実は古川行きの新幹線ですが、古川着が8:16と9:16分がありました。
10時から打ち合わせで、どちらで行ったほうがよろしいでしょうか?と現地営業に昨晩確認したところ
「9時くらいに出発したいから8:16ので来てください。」と返答があり、その間待合室で待っててくださいと言われました。
そもそも10時の打ち合わせ。
私としては9:16着で行きたいところです。
それを8:16というのは、まだ譲れます。
45分待っていろというのも、まだいいでしょう。
待合室でというのも、仕方ないのかもしれません。

でもね。。。
実際は9:30になっても現れないんですよ。
9:20になったところで一度電話しましたが、とってもらえず。

連絡が取れたのは9:35過ぎ。
おまけに、あと10分くらい待ってくれと。
すまなさそうに言われるならまだしも、そうじゃないあたりが(*_*)
結局、9:45に車に乗せてもらえました。
待ち時間は一時間半でした。
ふぅ~。。。





私がのんきに出張をしていた頃、引っ越しは着々と行われました。

あわせて、色んなモノの宅急便の配達が届きました。
事件は、そんな宅急便で届いたものの一つ、ベットでした。
ダブルベットを購入したのですが、その梱包をあけてみると。。。
傷がついている!!

旦那は、まずそこでピキーンと来ていたようです。
問題は、更にその後。
苦情の電話を配達業者にかけたところ、申し訳なさそうな感じではなく、とても事務的に、むしろ、よくある話雰囲気で「かわりのものを」という話になったそうです。

で、ぶち切れた旦那は、すごい剣幕で怒ったとか。
結果、替わりのベットをすぐに手配する。
現在組み立てたベットの解体、及び替わりのベットの組み立てをする。
ということになったそうです。

確かに、電話を受ける方はよくある話です。
私の仕事でもそういうことはあります。
しかし、相手にとっては初めてなのです。
それを忘れて接してはいけません。

よく会社でも出る話ですが、改めて自分への教訓にもなりました。
[PR]
by id_holy | 2005-12-15 23:59
<<  新居での生活がはじまりました  ぼーなす >>



[パパ]と結婚しました。今は幸せに猫のように暮らしています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31