ツンデレラの戯れ言

 意識の違い

昨日は、借金ブログランキングというサイトから、色んな人の借金ブログを読みました。
みんな真剣に、何とか返済しようという人のブログだから、日記自体が真摯。
なんかこういうの見ていると、グダグダいって仕事を嫌がってる自分を反省することが出来る。
皆さん、同じように借金で苦しんでる人に対して警鐘を鳴らしているのだけれど、借金してない人でも十分いろいろ反省したり学んだりすることができる話だと思う。
その中で、特に気になった記事があります。
それは、『借金と闘う親父の苦悩』という日記で書かれている内容です。
ここに書かれている記事(2005/09/24)についてコメントで
コメントは全員、借入れ経験者のコメントですが、
借金体質を改善したいのであれば、
借りた事のない人ともっと交流するべきです。
借りた事のない人に聞けば、
「借りる、という選択肢など、ハナからない。」
のが常識です。
サラ金日記さんが答えています。
これについて「あぁ、なるほど。」と共感しました。

実は、私は2005/09/30(時間でいうと2005/10/01ですが)に、彼氏と将来について話し合ってました。
家の話になったとき、「俺は(住宅)ローンが通らないかもしれない」と彼が。
(既に破産して10年以上経つのですが、いまだにクレジットカードの審査が通らないとのこと。だからこんな発言がでました。)
この際、私は「まぁ、その時は現金ですよ(笑)貯めて買えばいいよ。」と言ったのです。
それに対して彼は「でも、住宅は税金が安くすむから借りたほうがいいんだよ」と。

欲しいものがあるなら、貯めて買うのが私にとっては当たり前で、口座にないお金をあてにする感覚はなかったのです。それに対して、彼は既に『借りる』という感覚が身近になっているのかもしれません。
だから、この記事を読んだときに納得しました。

今まで、彼に『借金をさせないこと』を考えてきましたが、この話で『本人に自覚はない「借金体質」の意識を変える』こともしないといけないことがわかりました。




あ、ちなみに「借金親父」様の記事の質問ですが、私が選んだのは「B」です。
真剣にお金を貯めまくってたときだったら、多分「A」を選んでいたでしょう。
「C」は、次の日に返せば無利子だったとしても選択しません。
[PR]
by id_holy | 2005-10-02 13:35 | 借金
<<  見えないストレス 今日から日記をつけることに決定!! >>



[パパ]と結婚しました。今は幸せに猫のように暮らしています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30